タグ: コロナウイルス

NBA7月31日再開までの課題_フリーエージェント候補選手一覧

 

リーグ再開 選手枠の拡大

 

 NBAは7月31日からのリーグ再開について、本来ロスター15名を各チーム17名は入れるようにする事を検討していると発表がありました。コロナウイルスでシーズンが約4ヶ月以上中断したNBAは、再開後に怪我や感染での離脱を考慮して、交代や入れ替えができる様に、いつもよりも多くのメンバーがチームに同行する様に配慮する必要があると話していました。

 

追加の選手はG leagueからの2wayプレーヤーや、現在フリーエージェントのプールに入っているメンバーに限られると思われます。4ヶ月間、選手たちは練習から離れている為、身体の状況やコンディションの調整が必要とされていますが、6月22日からシーズンに参加する22チームが新しい選手と契約できる様にする事が予定されています。

 

フリーエージェントの選手たちと契約する事で、チームに新しい戦力入ってプレーオフでも大波乱が起こる可能性があります。フリーエージェントで各チームが契約可能な注目選手をまとめておきます。

 

フリーエージェント 注目選手

デマーカス・カズンズ

Demarcus cousins(デマーカス・カズンズ)

 2019-20シーズン、ロサンゼルス・レイカーズと契約を結んでいたカズンズ選手ですが、結局膝の怪我でシーズン中は一回も出場する事ができませんでした。

 

キングス時代の彼のインサイドでの強烈な存在感を考えると現在考えられるフリーエージェントの中では一番の狙い目になる選手です。長期間ケガで離脱している為、どこまでのパフォーマンスが出来るかはわかりませんが、彼が8割の力を発揮できればどこのチームでも主力となれます。もし怪我する以前のようなプレーができればチームをファイナルまで導くプレーヤーになります。

 

アイザイア・トーマス

Isaiah Thomas(アイザイア・トーマス)

 セルティックス時代に多くのファンを魅了してリーグトップクラスの活躍を見せていたアイザイア・トーマス選手は ITの相性でファンから高い評価を得ています。

 

2019−20シーズンはウィザーズの主力ポイントガードとして出場していましたが、大きな怪我から復帰直後である事で満足するプレーができていなかったように感じます。八村選手の事を高く評価していて、良いコンビを組めていましたが、会場でのファンとの衝突などの問題があり謹慎していた試合も数試合あった為にシーズン終盤でチームから放出されました。

 

ベテランポイントガードとしてもしチームに溶け込む事ができれば、まだまだ高いパフォーマンスを見せてくれるでしょう。カズンズ選手に次いで2番人気の選手だと感じます。

 

ジョー・ジョンソン

Joe Johnson(ジョー・ジョンソン)

 

 38歳のベテランフォーワードである、ジョー・ジョンソン選手はデトロイト・ピストンズと契約していましたが、結局試合に出場する事はありませんでした。

 

スターターとしての補強ではなく、ベンチからの得点源としては有力なプレーヤーになります。ベテランのジョンソン選手ならば限られた時間で与えられた仕事を果たすことも可能です。

 

キャリアを通して8つのチームに在籍した経験があるところもプラス要因になります。7月31日からシーズンが再開された後、短い時間でチームに溶け込む必要がある為、彼の経験がいきてくるでしょう。

 

イマン・シャンパート

Iman Shumpert (イマン・シャンパート)

 レブロン選手がクリーブランドにいた時に、キャバリアーズで一緒に優勝経験があるシャンパート選手はチームのアウトサイドの得点力強化に向いている選手です。

 

2019−20シーズン、一度はブルックリン ・ネッツと契約を交わしてNBAに帰ってきましたが、チームと上手く合わずにすぐに離脱しました。彼をうまくコントロールして使いこなせるポイントガードがいるチームに入る事ができれば、得点能力でチームに貢献できる選手です。

 

アウトサイドで得点能力の強化が必要なチームのターゲットになるでしょう。

 

J.R スミス

J.R Smith (J.R スミス)

 シャンパート選手同様に、レブロン選手と共にキャバリアーズで優勝を経験しているベテランです。身体能力が高く、インサイドとアウトサイド両方から得点できるのでベンチからの得点源として補強のターゲットになっているでしょう。

 

なかなかチームに溶け込むのが難しい選手なので、レイカーズのように、交友関係のある選手(レブロン選手)が在籍しているチームに入る事ができれば本来の力が発揮できるかもしれません。

ジェラルド・グリーン

Gerald Green (ジェラルド・グリーン)

 ロサンゼルス・レイカーズが獲得に意欲的という噂もあるグリーン選手は34歳のベテランです。NBAだけではなく、ユーロや中国リーグでもプレー経験のあるグリーン選手は、新しい環境でもすぐに本来のプレーができる事が期待できます。

 

2017年ロケッツに在籍していたときは、プレーオフでしっかりと見せ場を作り活躍していました。今回、コロナウイルスの影響で特別な日程になっているNBA再開後、グリーン選手が開花する可能性は大いにあるでしょう。

 

シーズン再開への壁

 

 NBAはシーズンの再開に向けて着々と準備を進めています。選手達を徐々にオーランドに集めて練習キャンプを6月末から始める予定です。6月23日から受け入れを開始して、順番に感染症の精密検査( CPR検査)を実施後に宿泊施設に入ってもらうようです。

 

しかし、一方でNBA選手団では、クリス・ポール選手やカイリー・アービング選手ばどが話し合い、再開にネガティブなコメントをしていました。警察の暴力から『Black Lives Matter』デモが全米で起こっている事と、コロナウイルスの感染への危険性を考慮して、リーグ再開に反対意見も多いようです。

 

レイカーズのキャプテンを務めるレブロン選手は、プレーしながらでも人種間の平等を訴える活動はできるし、ファン達のためにもリーグを再開させた様子です。世界的スタープレーヤー、コービー選手が不慮の事故で年始に亡くなった事もあり、ウェストカンファレンス首位のレイカーズはチーム一丸でファイナル優勝を狙っています。

 

選手間で意見が分かれている為に、今後NBA運営側がどの様に再開への道を導くかが重要になってくるでしょう。再開するならば、できる限り出場できる選手が全て同じ気持ちでオーランドディズニーに集まってプレーしてくれる事をファンは望んでいるはずです。

 

HipHopアーティストもコロナウイルスの被害に寄付

 

 少しずつアメリカでも感染の拡大が問題になっているコロナウイルス。芸能界では、トム・ハンクス夫妻の感染が大きく報道され、スポーツ界ではNBA選手の感染でリーグが中断になっています。

そこで、トランプ大統領は前面の外出自粛と過去最大級の2兆ドルの景気刺激策の可決で、感染と戦う準備を整えています。アメリカでは保険制度が民間企業に任されている為、保険がない低所得層やホームレス達に重症患者が広がる事が懸念され、保険がない方や満足に治療が受けれない人々に感染が広がる事が不安視されています。

 ジョージア州アトランタでは、HipHopアーティスト達が立ち上がって生活に困っている人たちに寄付を寄せています。アトランタを代表するラッパー、Futureが運営するチャリティーFreeWishes Foundationからは医療機関にマスクなどの寄付を開始すると公表がありました。Migos(ミーゴズ)やCadi B(カーディB)が所属するレコード会社『Quality Control Music』は10万ドル(約1000万円)を食事に困っている方々に寄付しました。

 

 ラッパーで俳優として”ワイルドスピード”などに出演するリュダクリスも20万ドル(約2000万円)をコロナウイルス対策としてバハマ地方に寄付を行い、テキサス出身のラッパー、Lecrae(レクシー)はホームレスの人々のために公共の手洗い所の設置を行いました。

 

音楽業界でも感染の報告が上がっている中、アーティスト達が率先して地域の為に寄付を始めているようです。

何してる?NBA選手、シーズンがまさかの中断。。。

 

  3月13日にNBAシーズンが中断されてから約1週間が経ちました。集団感染の危険がある為、チーム練習も行えない選手達は自宅待機を厳守して感染拡大を防ぐ最善の行動を行なっている様です。

 

普段はコートで激しくプレーする選手達は、バスケットボールができない期間何をしているのでしょうか?SNSに上がっている選手達の様子をまとめました。

 

レブロン・ジェームズ選手

 自宅で高校時代の試合を見返している動画がアップされてたレブロン選手。詳細にプレーの説明も文字でされていました。試合ができない間もバスケットボールに夢中の様です。

 

サージ・イバカ選手

 2019年ラプターズでNBA優勝を果たしたイバカ選手はバスケができず、我慢出来なくて家の廊下でカーディオトレーニングを始めている様です。

 

ジャ・モラント選手

 2019年ドラフト2位でメンフィス・グリズリーズに入団して、新人王候補にも挙げられるモラント選手は、試合の興奮が味わえないから家で試合の入場シーンをTikTokに投稿。

  

 マティース・サイブル選手

 76ers若手のサイブル選手は家から出られない為、ピンポンボールで新しいシュートに挑戦中。時間を潰しながらTikTokでファンに可愛らしい姿を見せてくれています。シーズン再開後はこの練習を活かした新しいプレーが見られるかも!?

 

トレイ・ヤング選手

 NBA2年目でオールスターにも選ばれたヤング選手は、自宅で靴下を洗濯カゴにシュートする練習。バスケットボールがしたくて仕方ない感情が伝わってきます。早くシーズンが再開して選手達が元気にプレーしている姿が見たいです。

 

ジョシュ・オコーギー選手

 オコーギー選手は家でピアノを弾く姿をSNSにアップしていました。NBA選手の多くは音楽が好きで、HipHopカルチャーと共に育っている為、音楽のセンスも素晴らしいのもを持っています。

ヤニス・アデトクンポ選手

 2019年シーズンMVPを獲得したヤニス選手も家でギターを弾いている姿がアップされていました。ヤニス選手は、バスケットボールがなくて家で過ごす時間に困っている様子でした。

  

パトリック・ミルズ選手

 スパーズのポイントガードでオーストラリア出身のミルズ選手もギターを披露してくれました。緩やかなカントリー調のメロディーで、ヤニス選手よりも高い仕上がり具合です。

 

ジャマール・マレー選手

 ナゲッツのエースガードを務めるマレー選手もピアノを弾いている姿でファン達にメッセージを送りました。”音楽はいい時も悪い時もそこにいてくれる。音楽は、自分に今必要な全てで、大変な時を乗り越える力をくれる、新しい音源を習うのも好きだ。これがなんの曲かわかるかな?みんな家にいて、安全に過ごしてほしい”。マレー選手もファンを気遣って心強いコメントをくれています。

 

ザイオン・ウィリアムソン選手

 スーパールーキー、ザイオン選手は家で幼い弟に本を読んであげている様です。シーズンが中断になってスタジアムで働くスタッフも失業してしまう為、スタッフに寄付する事も発表したザイオン選手。コート外でもルーキーながらスポーツ選手として素晴らしい活動をしています。

 

 

シーズン中断中の、NBA選手からファンへのメッセージ

 コロナウイルス検査で陽性反応があったミッチェル選手などNBAスター達からファン達の健康と安全を願ってメッセージが送られていたので和訳します。

  • ミッチェル『やぁ、みんなドノバン・ミッチェルです』
  • オラディポ『インディアナ・ペイサーズのビクター・オラディポです。』
  • テイタム『ボストン・セルティックスのジェイソン・テイタムです』
  • リラード『みんな元気かい?ポートランド・トレイルブレイザーズのデイミアン・リラードです。』
  • ミッチェル『みんなここまでずっと支えてくれてありがとう。僕にとっても大きな応援になった。』
  • テイタム『大変な時だからこそ、みんな周りのことも気遣って欲しい』
  • オラディポ『ちゃんと手を洗って』
  • リラード『集団や人が集まる所は避けて、もし病気の症状があれば自宅で待機』
  • テイタム『しんどき時期だけど、僕たちはみんなで乗り越えられる』
  • オラディポ『ファンのみんなが恋しい。みんなの為にプレーする事が待ち遠しい。Peace&Love』

 

 まだまだシーズン再開の目処は立っていなくて、アメリカではコロナウイルスの感染が急激に拡大している所です。NBAが率先してリーグを中断した為、多く人たちが事態の重大性に気付いて外出を控える様になっています。健康と安全が確実に保障されるまでは試合は実施されない様です。今後、アメリカで1日も早く感染が抑えられる事を願っています。

 

日本でもシーズン再開を試みたB.Leagueが中断をもう一度決意するなど、コロナウイルスの危険性はまだまだあります。皆さんも感染に気をつけて、外出後の手洗いは心がけましょう。

Bリーグ シーズン再度中止を発表

 

 『バスケットボールで日本を元気にする』を目標に、ファンと知名度を広めている日本プロバスケットボールリーグ・B Leagueがコロナウイルスの影響により再度シーズンの中止を余儀なくされました。3月20日〜4月1日にかけて行われる予定である計95試合の中止が、チェアマン大河 正明氏により3月17日に発表されました。

詳細リンク: B.League公式サイト(https://www.bleague.jp/news_detail/id=81902

 

コロナウイルスが日本国内で感染拡大を警戒される様になり、2月26日にBリーグはB1・B2合わせて計99試合の延期を決定していました。野球や、Jリーグも同様にシーズンの延期が決まっていますが、Bリーグは秋開催で2月下旬にシーズン終盤に差し掛かった所でした。その為、急遽ポストシーズンの延期やシーズン終盤でのスケジュール変更の厳しさに対応せざるを得ない事になってしまいました。

 

 なんとか無事にポストシーズンを開催する為にも、3月11日に無観客で3月14日からシーズンを再開する事が発表されて第28節が行われたBリーグ。観客がいない会場はとても静かで、いつもとは違う空気の中で選手達はプレーをしていました。

 

3月14日の千葉ジェッツ戦対宇都宮ブレックス戦では、無人の観客席に『コロナにショウリ!』の文字がスタッフによって作成されていました。試合は僅差で接戦、盛り上がる展開でしたが観客がいないので会場はいつもと違い活気にかけました。

 3月14日の試合では、レバンガ北海道の選手3名が試合前に発熱が確認された為に試合中止になり、3月15日の試合でも3人いる審判もうちの1人に発熱の症状が試合前にあった為、やむなく試合は中止されました。選手や関係者も気持ちを前に向けてバスケットボールで日本を盛り上げようとした矢先の出来事でショックだったと感じます。無観客で再開されたシーズンでしたが、コロナウイルスの影響はまだ完全に消えたわけではなかったので、選手達にも不安があり万全で試合に集中する事ができなかったのではないだろうか。

そこで改めて、3月16日・17日に選手や各クラブと協議を重ねた結果、リーグの中断が再度発表されました。今後の展開やポストシーズンの日程、中止になった試合の振替などは後日報告がBリーグからされる様です。コロナウイルスの影響による為、感染拡大の阻止と選手達の安全が確認されるまではシーズンの再開はないと思われます。

B League再開-無観客試合でもコロナウイルスと戦う姿勢を示す

無観客でシーズン再開

 2月28日〜3月11日までコロナウイルスの影響を受けて中断されていた日本プロバスケットボールリーグ、B Leagueが3月12日に予定どおり再開されました。しかし、観客を動員することなく、ガラガラの会場で選手達による試合のみが行われました。

3月12日に行われた千葉ジェッツ対宇都宮ブレックス戦では、観客のいないジェッツのホームアリーナの観客席に『コロナにショウリ!』の文字が飾られました。モニター越しで、テレビや携帯から観戦しているファンの方々と共にコロナウイルスと戦っていくチームの強い意思が見られました。

 合計9試合が予定されていた再開初日ですが、川崎ブレイブサンダース対レバンガ北海道戦は試合前に出場予定だったレバンガの選手に発熱の症状があった為急遽中止になってしまいました。

コロナウイルスの検査を実施したわけではないので、感染の是非はまだ確認できていない様ですが、他の選手の健康や安全を考えて慎重に判断が下された様です。

 海外では、NBAが中止になったり多くのスポーツリーグがコロナウイルスの影響で中止になっており、B Leagueの再開は他の国やリーグからも注目を集めています。

無観客で行うことで、感染を抑止しながらシーズンも従来通り進めていくことがでいれば、他のリーグの見本となり多くのスポーツリーグが再開に向けて検討する事例になれると感じます。

中国やヨーロッパに比べてまだ感染が拡大していない日本ですが、今後爆発的な感染も予想されるので、慎重に状況を見ながらリーグの運営が求められそうです。

バスケットボールファンとしては、選手達が元気にプレーをして周りに元気と勇気を与えているのを見れるのはとても嬉しいです。