タグ: アシスト王

NBAバブルMVP_レギュラーシーズンタイトル2020

NBA初のバブルMVPは、ディミアン・リラード選手

 

 2020年7月末から再開された、NBAはシーディングゲームとプレーイントーナメントを終えて、8月17日(日本時間18日)からプレーオフに突入しています。

 

コロナウイルスの影響から、選手達の安全とリーグ再開のためにバブル方式隔離(特定のメンバーのみを一箇所に集結して隔離する感染防止方法)を採用して行われたNBAは、プレーオフに突入する前のバブル期間のMVPを発表しました。

 

見事、NBA初のバブルMVPに輝いたのは、ポートランド・トレイルブレイザーズのディミアン・リラード選手でした!

 

MVP投票の2位はフェニックス・サンズのデビン・ブッカー選手でした。ブッカー選手も凄まじい得点力を見せつけて、シーディングゲームの全8試合を勝利しましたが、所属するサンズは、プレーオフ進出に一歩届きませんでした。

リラード選手が所属するブレイザーズはウェスタン9位からシーズンを再開、シーディングゲームで順位を8位にあげて、さらにプレーイントーナメントでグリズリーズを見事に撃破。プレーオフ進出を獲得したチームの司令塔+エースとして活躍したことが大きく評価されたのでしょう。

 

 

NBAシーディングゲーム1stチーム

 

 バブルMVPに加えて、シーディングゲームで高いパフォーマンスを見せてくれた選手達は、シーディングゲーム1stチームと2ndチームに選ばれています。

1stチーム

デビン・ブッカー選手(フェニックス・サンズ)

ルカ・ドンチッチ選手(ダラス・マーベリックス)

ディミアン・リラード(ポートランド・トレイルブレイザーズ)

ジェームズ・ハーデン(ヒューストン・ロケッツ)

T.J ウォーレン(インディアナ・ペイサーズ)

 

NBAシーディングゲーム 2ndチーム

ヤニス・アデトクンポ選手(ミルウォーキー ・バックス)

カワイ・レナード選手(ロサンゼルス・クリッパーズ)

クリスタプス・ポルジンギス(ダラス・マーベリックス)

キャリス・ラバート(ブルックリン・ネッツ)

マイケル・ポーター Jr. (デンバー・ナゲッツ)

2019-20シーズン スタッツリーダー

シーディングゲームも終わり、シーズンの全試合を消化NBAは、シーズンのスタッツリーダーが発表されました。

得点王 ジェームズ・ハーデン選手 34.3得点

アシスト王 レブロン・ジェームズ選手 10.2アシスト

リバウンド王 アンドレ・ドラモンド選手 15.2リバウンド

スティール王 ベン・シモンズ選手 2.1回

ブロック王 ハッサン・ホワイトサイド選手 2.9回

最多トリプルダブル達成 ルカ・ドンチッチ選手 17回

 

 例年シーズンでは、82試合中70試合以上(85%以上)、もしくは特定数の達成がタイトル獲得の条件になっています。

 

しかし2019−20シーズンは、短縮されていて最多で73試合しか行っていないため条件はNBA運営で定められているようです。現在のランキング上位がそのままタイトルを獲得すると考えられます。

 

ハーデン選手は3年連続での得点王獲得。レブロン選手はキャリア17年目で初のアシスト王獲得。ベン・シモンズ選手も初のスティール王の獲得。ホワイトサイド選手は2016年に続いて、キャリア2回目のブロック王獲得になりました。

↓↓↓詳細ランキング↓↓↓

あとは、新人王、シーズンMVP、最優秀ディフェンダー賞、最優秀シックスマン賞などが今後、発表される予定です。NBAからレポートがあり次第、取り上げますので楽しみにしておいてください。

 

シーズンを盛り上げてくれた選手達は、その後も、NBAのチャンピオンリングをかけて2020プレーオフを戦っていきます。果たしてファイナルで歓喜の雄叫びをあげるチームはどこになるのでしょうか?これからのNBAにも注目が集まります。