カテゴリー: Playoffs2020

NBA Playoffs2020 4強カンファレンスファイナル出場チーム確定

 

 NBA Playoffs2020 カンファレンスファイナル

 

 NBAは西地区と東地区で分けられてプレーオフが例年行われています。2つの地区を、イースタン/ウェスタンカンファレンスと呼びます。

 

2020プレーオフは8月中旬から始まり、いよいよ大詰めに迫ってきました。西地区と東地区の決勝に進む4チームが決まりカンファレンスファイナルが始まっています。

カンファレンスファイナルで7戦中先に4勝したチームは、地区優勝チームとしてプレーオフファイナルに進出出来ます。

まずは、カンファレンスファイナルに進出を決めた4チームをみていきましょう

 

NBA PlayOffs2020 4強 

西地区(ウェスタンカンファレンス)

  • ロサンゼルス・レイカーズ(シーズン順位:1位)
  • デンバー・ナゲッツ(シーズン順位:3位)

東地区(イースタンカンファレンス)

  • マイアミ・ヒート(シーズンん順位:5位)
  • ボストン・セルティックス(シーズン順位:3位)

 

ウェスタンカンファレンス

 

 ウェスタンカンファレンスでは、シーズン首位のレイカーズが順当に勝ち上がっています。第1ラウンド vsブレイザーズ、第2ラウンド vsロケッツ、両ラウンド共に初戦は負けていますが、2戦目から修正して4連勝2回で勝ち上がってきました。

 

レブロン・ジェームズ選手を中心にチームがまとまっていて、非常にいい雰囲気で試合に挑めています。

年始にチームの殿堂入りプレーヤーである、コービー・ブライアント選手を事故で亡くしたレイカーズは、彼に捧げる為になんとしても優勝を勝ち取りたい意気込みが感じられます。

 

 シーズン2位で終えた、クリッパーズを撃破して勝ち上がったナゲッツは、第1・第2ラウンドの両方を7戦目まで戦う厳しい試合を勝ち抜いています。

 

第4Qに勝負強さを見せるナゲッツは、若手選手が多いチームですが非常にまとまっていて連携の高いチームになっています。レイカーズとの対決も一筋縄ではいかないでしょうが、勝ち上がってきた実力は確かなので下克上もあり得ます。

 

 連勝で順調に勝ち上がったレイカーズと、接戦で登ってきたナゲッツは対照的なプレーオフを送っています。

 

過密スケジュールでプレーオフが進んでいるので、ナゲッツの選手達に疲労が溜まっているかが心配になります。レイカーズは、主力を温存する時間帯や試合展開もあったので本来の実力でナゲッツ撃破に入れそうです。

 

レイカーズ vs ナゲッツの初戦は、9月19日午前10時(日本時間)にチップオフされます。

 

イースタンカンファレンス

 

 イースタンの首位バックスは、シーズンを両カンファレンス最高の勝率で終えたにも関わらず、第2戦でマイアミ・ヒートに苦しめられて敗退しました。

 

バックスを圧倒したヒートは勢いに乗っています。本来ならばセルティックスとの互角の戦力ですが、プレーオフで波に乗っているマイアミは、高いモチベーションでカンファレンスファイナルに挑めるので少し優位です。

 

 対するセルティックスは、第2ラウンドで昨シーズン優勝したラプターズと第7戦までの死闘を戦い抜いたあとなので、少し疲労が残っていそうです。

 

マイアミ・ヒート vs ボストン・セルティックス初戦

 

 イースタンの2強は、9月15日(現地時間)に第1戦を戦いました。シーズン中から両チームは、ディフェンスで高い評価を受けている中で、ハッスルプレーが多くみられる試になりました。

 

得点さが広がる事もなく、10点差圏内でマイアミリード、ボストンリードと主導権を奪い合う展開で試合が進んでいきます。

 

後半セルティックスが一時ヒートを引き離して逃げる場面もありましたが、試合終盤でヒートが追いつき初戦から延長(OT)に突入します。

 

延長でセルティックスは、好調なテイタム選手とケンバ・ウォーカー選手と起点にオフェンスを組み立て、対するヒートは大黒柱のバトラー選手とアデバヨ選手が中心に攻め返していました。

 

最後の局面では、バトラー選手が逆転のクラッチシュートを成功させます。ディフェンスでアデバヨ選手がテイタム選手の逆転ダンクを豪快にブロックしてセルティックスをシャットダウン。ヒートはこのリードを守り切り勝利を手に入れました。

 

 最後にバトラー選手とアデバヨ選手のビッグプレーで勝ち切ったヒートですが、試合は常に均衡していました。

 

第1戦は、両チーム共に持ち味を出せた試合になりました。セルティックスも決して勝てない試合内容ではなかったので、次の対戦が楽しみになります。

 

ディフェンス主体でバスケットボールを進める両チームはこれからも接戦が予想されます。先に4勝してプレーオフファイナルに進むのはどちらのチームになるのでしょうか。

 

イースタンカンファレンスファイナル初戦 マイアミ・ヒート vs ボストン・セルティックス ハイライト

 

NBA Playoffs 2ndラウンドに突入

 NBA Playoffs 2020

 NBAプレーオフのファーストラウンドの勝利チームが全て揃いました。ウェスタンカンファレンスは大混戦。

 

ロケッツ対サンダー、ナゲッツ対ジャズは最終第7戦までの激闘でした。大接戦の末、9月3日にロケッツがサンダーを102-104で撃破、第2ラウンドに進出する全8チームがようやく出揃いました。

8月26~28日 NBA チームと選手達が試合をボイコット

 

 第1ラウンドを戦っている途中では、深刻な人種差別問題に関して選手達とチームが試合をボイコットする事件も起こりました。

アメリカでは、8月23日(現地時間、日曜日)にウィスコンシン州ケノーシャで起きた、Jacob Blakeさんが警察官によって7発の銃撃を背後から受けた事件と、その後のケノーシャでの暴動。さらに、火曜日には17歳のKyle Rittenhouseさんが街を守るためと称して、ライフル銃で暴動に参加していた市民の2人を殺害1人を重傷にする悲劇が続いていました。

 

5月25日に起きたジョージ・フロイドさんの事件から、『Black Lives Matter』運動が全米で行われている最中で、さらにこのようなことが怒ってしまった為に、8月26日(水曜日)イースタン首位のミルウォーキー ・バックスが最初に試合をボイコットしました。

 

その後、同日に予定されていた後の試合も全てのチームがボイコットしました。それから選手達、オーナー、NBA運営による話し合いが行われ、多数のチームはプレーオフの続行を指示するも、ロサンゼルス・レイカーズとクリッパーズはレブロン選手を代表に続行に反対しました。

 

一時は、プレーオフの中止もあり得たNBAでしたが、マイケル・ジョーダン氏がオーナー達と選手達の架け橋になる働きをするなど行動してくれたおかげで無事に8月28日から続行が決定しました。

 

続行はされましたが、NBAはまだ大きな問題を抱えています。アフリカ系アメリカ人がリーグに多く在籍しているNBA運営は、選手達から人権問題に対する社会的な対応を求められています。

 

 しかし、アメリカ大統領のドナルド・トランプ氏はTwitterで選手達のボイコットを批判。”人々は非常に政治的なNBAを見る事に疲れている、バスケットボールの評価もかなり下がっている….”とコメント。さらに、アメフトや野球も同じことをしないように、と忠告を投げかけていました。

 

 NBAの活動を指示する声も多い中で、反対する立場の意見を述べる人々もいます。今後のリーグの方針や活動にも注目が集まります。

 

セカンドラウンドも波乱が巻き起こる!?

 

 第1ラウンドの勝利チームが全て決まった所ですが、すでに第2ラウンドを戦っているチームもあります。

 

イースタンでは、両カンファレンス最高の勝率でシーズンを戦った首位バックスが5位マイアミ・ヒートに苦戦しています。初戦と第2戦を落として、0-2とビハインド、もう1敗すると後がない状況になってしまいます。

 

ここからの巻き返しに、MVP候補のヤニス・アデトクンポ選手の活躍に期待がかかります。まだ年齢的にも若いヤニス選手がチームを引っ張って勢いに乗るマイアミを制する事ができるのでしょうか

同じく、イースタン2位で2019年プレーオフ優勝を果たしているトロント・ラプターズも3位のセルティックスに苦戦。0-2でセルティックスがラプターズを圧倒しています。

 

ウェスタンでも第2ラウンドが始まりますが、イースタン同様に厳しい戦いが予想されます。

 

勝ち上がった、ロケッツとナゲッツは、両方第7戦まで激しい戦いを勝ちきり第2ラウンドに上がってきています。4位ロケッツvs首位レイカーズ、3位ナゲッツvs2位クリッパーズも下克上が考えられる展開になっています。

 

全ての試合がオーランドで行われている NBAplayoffs2020はホームコートアドバンテージがないので、全ての対戦ガチンコ対決で非常に見応えがあるプレーオフになっています。